前へ
次へ

交通事故の際の効果的な接骨院の利用

接骨院通院するケースでは、確実にあらかじめ病院に足を運んでお医者さんによる了解を得ることが重要です。かりにお医者さんが接骨院の治療は許可していないし、必要性もないという意見をした場合、保険会社がこういったものを拠り所に接骨院においての治療が必要でないとして、医療費総額や慰謝料の支払をはね付けることも想定されます。むちうちで後遺症が残存している場合後遺障害認定を受けることが重要ですが、それをするためにはお医者さんが作りあげた後遺障害診断書がなくてはなりません。その一方で接骨院の先生は柔道整復師でありましてお医者さんではありませんから、後遺障害診断書を制作することはできません。 事故した後に接骨院のみしか通院していないと、どなたも後遺障害診断書を書けないことから後遺障害認定を受けられなくなります。原則として整形外科で治療をしてもらい、必要あればお医者さんの了解のもとにサポートする意味で接骨院を活用するのが効果的な善後策です。

Page Top